サーチからこられた方はこちらをクリック>>> カワケン ホームページ  日曜大工の 日大ページ
01/08/07作成
  入口ドアーの摺れキシミ(既製品共)
 

 

簡単な点検

メンテナンス

 

動かしてみる

 

(少し摺れだした時の応急処置)・・丁番のビスの緩み、丁番の変形はないか調べて下さい、緩みのある時はドライバーで、ねじ切らないように締めてください

丁番に問題のない時はドアや枠を傷めない為に 摺れる部分のドア側に少量のロウ(ロウソクのロウでいいです)を塗ってください。 (ドアーのラッチの滑りが悪くなった時も少量)

注1)油を塗らないで下さい(木材に油が浸透して塗装出来なくなります)

従来の入口ドアの場合

(上側が摺れている場合)・・・は手カンナで削るか、ない場合は サンドペーパー#100程度を板切れのようなものに固定して削ります、何度か扉を閉じて見ながら削ります、最後に角面を化粧面にキズを付けないように軽く2,3度 面を取れば完了です。

(下側が摺れている場合)・・・は、敷摺りが入っている場合は、少し大変ですが床を傷付けないように新聞紙でも敷いて薄めの板などを添えてサンドペーパーで 上部と同じように削れば完了です。 バリアフリーの場合は扉をはずすのが一番ですが元に戻す自信のない方は !おやめください! 取付けを失敗するとガタがきたりねじれが生じたり、建て付けの悪化につながります。カワケンにお任せください。

(建付け面が摺れている場合)・・・は よく吊り元側で異常がある事があります 枠が出っ張ってきたり、丁番が古くなって遊びがあったりしますのでまず、そちらの方を点検して吊り元側に異常がない場合は、上部と同じように手カンナで削るか、ない場合は サンドペーパーで削ります。  この面は塗装しなくてはだめですので 最後にステインなどで軽く塗装して下さい(ニス、水性ペンキ、オイルペンキ、エマルジョンなどの膜を張るものなどは厳禁です)ステインは小さい容器で金物屋、ホームセンターなどで安く買えます 少々の塗装などは綿のボロギレで充分です。

 

既製品の 入口ドアの場合

(最近のドアーは調整丁番)になっていますので調整方説明書があれば良く読んでその通りに調整して下さい、木ネジはほとんどの場合抜いてしまう必要はなくユルメて調整するやり方をとっています。  又、締める時は締め過ぎて ねじ切らないようにお願いします。 

(通常は調整のみで直りますが狂いの大きい場合は、やはり削る必要があります。

調査をして最悪の時は 削る方が良いです。

(大工さんにお任せ下さい)

(上側が摺れている場合)・・・在来品と同じように削りますが、商品の中には上下の面にもシート、突板貼りのものが有りますので要注意です この場合は 削らなくて済むかもしれませんので点検が必要です(大工さんにお任せ下さい)

全然動かない

このレベルになると大事です

(大工さんにお任せください)

 

 

 **参考**

 当店の施工でもドアーの摺れはたまに発生しますが欠陥では有りません、建物の重量などにより、柱・枠などが縦ずれを起して高さが狂ってきたり、

柱・枠が乾燥する時など伸縮をする過程で曲が出たりなどで起こる物です。  在来のドアーは切り込みが堅く隙間が少ないのでほんの少しの狂いで摺れてきます。 それに対して、既製品の場合は、調整丁番の調整範囲を確保するためドアサイズを小さくして隙間を大きくとってあります。

 

 

 

 

 

01/06

     当店のページはリンクフーです

お問い合わせご質問は メールフォームでお 送りください

 

Copyright (C) 2001-2002  kawaken, All Rights Reserved.                              最終更新日 : 2011/04/11